PowerShellでネットワークの設定をする

PowerShellを使ってIPアドレスやDNSの設定をする方法について紹介していきます。IPv6については言及していません。

ネットワークアダプタ―の取得

次のコマンドでネットワークアダプタ―を取得できます。

Get-NetAdapter

このコマンドはコンピュータに搭載されている全てのネットワークアダプターを取得してくれます。コンピューターには無線のアダプターと有線のアダプターが搭載されているなど、2つ以上のアダプターが搭載されているケースが多いので、設定したいアダプターを特定する必要があります。

ネットワークアダプタ―の特定

自分が設定したいアダプターを特定するには、アダプターのプロパティで見分けることになります。以下にいくつかサンプルを例示します。

リンクアップしているアダプターのみ取得

$adapter = Get-NetAdapter | Where-Object {$_.Status -eq “up”}

有線のアダプターのみ取得

$adapter = Get-NetAdapter | Where-Object {$_.PhysicalMediaType -like “*802.3*”}

無線のアダプターのみ取得

$adapter = Get-NetAdapter | Where-Object {$_.PhysicalMediaType -like “*802.11*”}

名称を指定して取得

$adapter = Get-NetAdapter | Where-Object {$_.InterfaceAlias -eq “イーサネット 1“}

IPアドレスとDNSを設定する

IPアドレスとDNSは次の様なコマンドで設定できます。

エラーに対処する

PowerShellのコンソール上で実行する場合は大丈夫なのですが、.ps1ファイルに保存して実行すると次の様なエラーが発生しました。

New-NetIPAddress : Instance MSFT_NetIPAddress already exists

調べてみると設定を削除してから実行する必要があるとのことです。ということで修正後のスクリプトは次の様になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です