ソフトウェアRAIDとハードウェアRAIDのベンチマーク比較

職場にBuffaloのNASが2台あるのですが、それぞれソフトウェアのRAID5とハードウェアのRAID5が組まれています。ソフトとハードでどれくらい違うのか気になったのでCrystalDiskMarkでベンチマークを取ってみました。

それぞれのスペックは以下です。全く同じ構成という訳ではないので比較対象としては不適切かも知れません。

モデルBuffalo WS5400RN6 Buffalo WSH5420RN9
RAID種別 ソフトウェアRAID5 ハードウェアRAID5
CPUIntel(R) Atom(TM) CPU D2701 @ 2.13GHzIntel(R) Atom(TM) CPU C3338 @ 1.50GHz
HDDST4000VN008-2DR166 4本 ST4000VN008-2DR166  4本
スペック比較表

結果

左がソフトウェアRAID、右がハードウェアRAIDの結果です。

ソフトウェアRAID5
ハードウェアRAID5

WriteはハードウェアRAIDの方が大分早いのですが、何故かReadはハードウェアRAIDの方が遅いという結果になりました。ソフトウェアRAIDのサーバーの方がCPUの周波数が高いので、その影響なのかな?と思ったりもしましたが、正直なんでこのような結果になったのかよくわかりません。

何の考察も出来ませんが意外にも必ずハードウェアRAIDの方が早いという訳ではないのだな~と言う事がわかりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です