ファイルサーバーが壊れた

BUFFALOのTeraStationで3年ほど前に構築したファイルサーバーが壊れました。

調子が悪かったので再起動かけたら本体ディスプレイにDRAM Testと表示されっぱなしで30分放置しても起動しません。ググっても情報が出てこないのでメーカーサポートに問い合わせると本体の故障とのことで交換になりました。

本体交換に2日、リストアに3日と計5日間まともに使えない状態が続いてしまいましたが、社員からはクレームどころか労いの言葉を頂いたりしてしまいました。申し訳ないです。

ファイルサーバーはソフトウェアのRAID5で動いておりCrystalDiskMarkで見ると以下の結果ですが、バックパップおよびリストアは2TB強のデータで約50時間かかりました。大体10MB/秒くらいでしょうか。時間かかり過ぎな事に問題を感じつつも放置していました。

20年くらいこの仕事してますがディスクの故障はともかく、ファイルサーバー本体の故障なんて初めて遭遇しました。再起動がトラウマになりそうです。最後に教訓を一つ。

教訓
ファイルサーバーが壊れた時に必要なデータはファイルサーバーには置かないようにしよう。

いつか別保管にしなきゃと思いつつ先延ばしにしてたら壊れてしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です