ネットFAXを実際に使って気づいた各社の特徴(eFAX、MOVFAX、秒速FAX、FAX.PLUS)

以下のネットFAXを実際に使用してみたからこそ分かった特徴を書いた。比較は他に良い記事がたくさんあるのでしない。

eFfax

ほぼ全国の市外局番を使える唯一のネットFAX業者。拠点を多県に渡り構えている場合はこの会社一択かと。逆に050で始まる番号で良ければ、他の業者と比べると若干お高めで選択しようとは思わない。でも月の送受信が各150枚未満ならあり。実際自分もプライベートで使ってる。

MOVFAX

数百枚~数千枚くらいを毎月送信するなら安い。使ってみて気付いた制約としてPDFファイルをFAX送信する際に、PDF上の注釈が送信先で印字されない。自社の場合はそれが致命的で解約したけど、逆にそれを利点となることもあるかも。

秒速FAX

送信と受信とで別のサービスとなっている。支払いはポイントを前払いで購入して、そのポイントを使い送信することになる。オートチャージも出来る。ネットFAXは受信も料金がかかることが多いけど珍しく無料になる上位プランも設けている。毎月数万枚とか送受信するなら安くなりそう。

FAX.PLUS

スイスの業者。申し込みがめんどくさかった。法人での申し込みに以下の書類が必要(状況により多少変わる)。

  • 申請書(何故かTwilioの書式を使う)
  • 登記簿謄本(自分は履歴事項全部証明書を提出した)
  • 社長からの委任状(自分が会社の代表者として社長の代わりに契約するよという書類)
  • 顔写真付きの身分証明書2種(申し込み欄に2種必要な説明がない。リジェクトされたので問い合わせて発覚した。)

審査なんて適当だろうと思い、いい加減に提出したら2回もリジェクトされてしまった。真面目に審査しているらしい。審査結果が出るのに2週間とかかかるのでちゃんと書類を用意して提出した方がいい。

手間を惜しまなければ多分料金は一番安い。市外局番は03しか選べず、それ以外は050を使うしかない。

まとめ

利用規模が小さい順にeFAX<MOVFAX<秒速FAXかなという印象。自社ではFAX.PLUSを使っているものの申し込みがめんどくさすぎてあまりお勧めできない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。