”ファイルをアーカイブ可能にする”とは

Windowsのファイルプロパティに”ファイルをアーカイブ可能にする”という設定があります。これを簡単に説明するとバックアップソフトがバックアップを取るかどうかを判断するためのフラグです。アーカイブビットといいます。試しにチェックを外してからファイルに何かしらの変更を加えてみてください。再度チェックが入っているはずです。

このアーカイブビットを用いることでフルバックアップ、差分バックアップ、増分バックアップのような機能をバックアップソフトは実現しています。おおむね次のような流れになります。

ファイルの新規作成

ファイルが新規に作成される時はアーカイブビットはONです。

バックアップの実行

バックアップソフトがファイルをフルバックアップまたは増分バックアップした時にアーカイブビットをOFFにします。差分バックアップだとONのままです。

ファイルの変更

ファイルが変更されると再度アーカイブビットがONになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です