TalendでGoogleDriveにファイルをアップロードする

GoogleDriveにファイルをアップロードできるtGoogleDrivePutコンポーネントの紹介です。前提としてGoogleのAPIを使うためのクライアントIDとクライアントシークレットが必要なので取得しておいてください。

Google Driveへの接続情報作成

メタデータ内のGoogle Driveを右クリックし、新しいGoogleDrive接続を選択します。

接続情報の入力画面が表示されますので名前やアプリケーション名は適当な名前を入力します。クライアントIDとクライアントシークレットキーは取得済みのものを設定します。設定したらTest Connectionボタンをクリックします。

ブラウザが起動し、Googleの認証画面が表示されるのでログインし、アクセスを許可をします。

認証が終わったら次のようなメッセージが表示されますのでブラウザは閉じてください。

Talendで接続成功のメッセージが出ればOKです。

Finishボタンをクリックして設定画面を閉じてください。

tGoogleDrivePutの作成

Cloud→Google DriveにあるtGoogleDrivePutを配置します

適当なファイルを作成する処理を前工程で設定しておきます。ファイル作成のコンポーネントを右クリックして、トリガー→コンポーネントがOKの場合を選択し、tGoogleDrivePutに接続します。

ロウ→メインの通常のフローで接続するとファイル出力中にGoogle Driveのコンポーネントが実行されてしまうようで下図のようなNullPointerExceptionが発生してしまいました。

tGoogleDrivePutの設定画面を開き、プロパティタイプにリポジトリを選び、先ほど作成したGoogle Driveの接続情報を選択します。

各項目を設定します。

項目名説明
ファイル名Google Drive上のファイル名。ローカルのファイル名とは別名で保存できる。
コピー先フォルダ―GoogleDriveのフォルダを指定する。
アクセス方法コピー先フォルダ―をフォルダ名で指定するかIDで指定するかを指定。名前だと同じ名前のフォルダがある場合に困るのでID指定を推奨する。
存在する場合は置換Google Drive上に同名のファイルがある場合は置き換える。これにチェックを入れないと同名ファイルがある場合エラーとなる。
アップロードモードローカルファイルのアップロードを選択する。他の選択肢はよく分からない。
ファイルアップロードしたいファイルのパスを指定する。

設定は以上です。実行すると指定したファイルがGoogle Drive上にアップロードされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です