TalendでCSVファイルを出力する【tFileOutputDelimited】

Talendで処理した結果をCSVファイルとして出力できるtFileOutputDelimitedの紹介です。

まずはファイル→ファイル出力内にあるtFileOutputDelimitedを配置します

何か適当な結果が出力されるコンポーネントを接続します。

今回はこんな感じの出力がされるものとします。

次にtFileOutputDelimitedをダブルクリックして開き、ファイル名に任意のファイルパスを入力します。また、デリミタの初期値がセミコロンなので、「フィールド区切り」をカンマに修正します。

これだけでファイル出力されます。ただWindowsだと文字化けを起こすので少し修正します。

tFileOutputDelimitedの設定画面で詳細設定のタブを開き、エンコーディングにCUSTOMを選択し、値に”MS932″と指定します。

これで以下の様にちゃんと表示されるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です