VSCodeで自動フォーマットする【ESLint/Prettier】

WindowsのVisutal Studio CodeでESLintとPrettierを使い、ファイル保存時に自動的にコードをフォーマットしてくれるようにする手順です。ここではNuxt.jsのプロジェクトで試してみます。

Nuxtのプロジェクト作成

プロジェクト作成コマンド実行

コマンドプロンプトを開き、適当な作業フォルダでプロジェクトを作成します。

以下の設定で実行してみました。Linting toolsでESLintやPrettierを選択できますが後で自分でインストールするので選択してません。

ESLintとPrettierのインストール

ESLintとPrettierのインストールコマンド実行

作成したプロジェクトに移動しESLintとPrettierをインストールします。開発用の機能なので-Dオプションを付けます。

ESLintとPrettierの連携設定

続いてESLintとPrettierの両者が整形処理を実行してしまわないようにする設定をします。先ほどのコマンドに続けて、以下コマンドを実行します。

ESLintの初期化

node_modules\.binフォルダの中にeslintのツールが入っているので、以下のコマンドでESLintの設定ファイルを作成します。

いくつか質問されるので適当に答えます。

.eslintrcの編集

プロジェクトフォルダに「.eslintrc.*」という名前の設定ファイルが作成されているので開きます。「What format do you want your config file to be in?」 の質問で答えた内容に応じて拡張子が.jsだったり.jsonだったりします。

以下は.jsonの例です。extendsの最後にprettierと追記します。extendsの一番最後に記述しないとうまく動かないことがあるそうです。

ちなみに.eslintrcの形式がJavaScriptだとこんな感じでエラー扱いになってしまって直すのにひと手間かかるので私は.eslintrcの形式はJSONが好みです。

VSCodeの拡張機能インストール

拡張機能のインストール

VSCodeの画面左側にある拡張機能タブを開いてESLintを検索し、インストールをクリックします。

同様にPrettierを検索し、インストールをクリックします。

保存時にフォーマットするよう設定

メニューからファイルユーザー設定設定を選択。もしくは「Ctrl + ,」を実行。

検索欄にformatと入力して検索し、「Format On Save」にチェックを入れます。

フォーマッタの指定

何か適当なJavaScriptファイルを開きます。ここではnuxt.config.jsを使います。その状態でShift+Alt+Fを押すとフォーマットしてくれますが以下のようがダイアログが表示されますので「構成」ボタンをクリックします。

フォーマッタの選択を迫られるのでPrettierを選択します。

他の形式のファイル(.vueとか.jsonとか)を自動フォーマットしたい場合も同様です。

確認

ファイルを保存するとPrettierのフォーマットが走ることを確認します。

ESLintが構文チェックもしてくれています。

settings.jsonで直接編集

保存時の自動フォーマットやフォーマッタの指定はsettings.jsonに保存されています。直接開いて編集しても同様の結果になります。こちらを直接編集する方法がよく紹介されていますが、個人的には間違いにくいGUIの方が好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です