プロキシ環境下でDockerを使う際の注意点

Dockerをプロキシサーバーがある環境で使う際に出たエラーの紹介です。

プロキシの設定

Dockerはイメージのダウンロードとかで色々とインターネット上のサーバーと通信するのでプロキシの設定が必要です。Dockerにプロキシ設定用の画面があるのでそこで適切にプロキシを設定します。

設定しないでイメージ(例はCentOS)を持って来ようとすると以下のようなエラーが発生します。

failed to solve with frontend dockerfile.v0: failed to create LLB definition: failed to do request: Head “https://registry-1.docker.io/v2/library/centos/manifests/7”: dial tcp 52.20.81.6:443: connect: connection refused

Get “https://registry-1.docker.io/v2/”: net/http: request canceled while waiting for connection (Client.Timeout exceeded while awaiting headers)

Buildkitの無効化

Dockerの設定画面でDocker Engineのタブを開き、buildkitをfalseにします。

よく分かりませんがこれが無いと以下の様なエラーが発生します。バージョン18.09からデフォルトで有効になった機能でビルドが高速化されたりするそうですが残念ながら使えませんでした。

failed to solve with frontend dockerfile.v0: failed to create LLB definition: failed to authorize: rpc error: code = Unknown desc = failed to fetch anonymous token: Get “https://auth.docker.io/token?scope=repository%3Alibrary%2Fcentos%3Apull&service=registry.docker.io”: dial tcp 3.224.96.239:443: connectex: No connection could be made because the target machine actively refused it.

参考 Docker 18.09 新機能 (イメージビルド&セキュリティ) | by Akihiro Suda | nttlabs | MediumMedium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です