ローカルネットワーク上のWebサーバーをテストで外部に公開する方法【ngrok】

開発中にOAuthの認証フローをテストしたいといった時などに、パソコン上で動くWebサーバーをインターネットからアクセスできるようにしたくなったりします。そういった時に以下のngrokというソフトを使うと、一時的に手軽にインターネット上に公開することが出来ます。

ngrok – secure introspectable tunnels to localhost

例えば以下のコマンド一個で3000番ポートをインターネット上に公開することが出来るようになります。

ngrok http 3000

インストール手順

アカウント作成

まずは先ほどのページのsign upから適当にアカウント作成します。

トークン取得

ログイン出来たらGetting Stated → Your Authtokenと開き、自分のトークンを控えておきます。

ダウンロード

以下のページからZipファイルをダウンロードして解凍します。ngrok.exeというファイルが一個入っているだけです。

ngrok – download

トークンの設定

コマンドプロンプトなどを開き、解凍した実行ファイルで以下の様にトークンを設定します。

ngrok.exe authtoken <your-token>

実行

あとは最初に示したように以下の様なコマンドを実行すると公開されます。

ngrok http 3000

プロキシ環境下の場合

以下の様に環境変数をセットしてあげるとプロキシ環境下でも動作します。

set http_proxy=http://192.168.0.200:8080

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。